ABOUT THE SESSION

※本セッションは、ハイブリッドセッション(現地参加+オンライン視聴)です。オンライン参加ご希望の方は本ページから事前登録(上記)、現地参加をご希望の方はこちらから事前登録をお願いします

会場 | Venue : なごのキャンパス

概要 | Description : 

日本に必要な新しい市場創造の手段として期待されている「ルールメイキング」。その注目はForbes JAPANでも特集が組まれるほど。実は今、教育業界でも「ルールメイキング」がトレンドになっています。

教育業界におけるルールメイキングとは、生徒が中心となり先生や関係者と対話しながら校則・ルールを見直していく取り組みです。 子どもたちに身近な校則・ルールを題材にしてはいますが、校則を見直すことが目的ではなく、「校則」を題材に、目指したい学校づくりができるきっかけをつくっています。対立ではなく「対話を通して納得解をつくるプロセス」が子ども達の学びの機会となっているのです。

本セッションでは、ルールメイキングに取り組んでいる高校生、生徒たちの活動をサポートしている学校の先生、学校の活動を外部からの支える企業の方の3名をお招きし、その具体的実践やそこにかける想いを語っていただきます。子ども達と大人達、学校側と企業側、多様な視点からルールメイキングを立体的に捉え、その活動の意義や私たちにできることを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

少子高齢化の先に待つ超人材不足社会。その未来において一人の若者も無駄にはできません。未来を作る今の若者が何を考え何を求めているのか。そこにはどんな希望があるのか。ぜひ若者たちを応援しにきてください!

【登壇者(Presenters)※順不同】

野嵜 遥香 氏 (Haruka NOZAKI)

= 名城大学附属高等学校1年

公立中でありながら私服登校期間があるなど、生徒の裁量に任されたルールの中で「責任ある自由」を中学3年間で学ぶ。 現在通う高校は、全校生徒2000人のマンモス高校。 理不尽な校則に誰もが変革の必要性を感じているにもかかわらず、動き出せない生徒と、2000人もの生徒をまとめる方法を模索する教員。 もどかしいこの現状をなんとか打破したいと、校則見直し委員会設立を目標に、仲間集めに 孤軍奮闘する毎日である。 「生徒主体のルールメイキングもいいけれど、全員主体のルールメイキングはもっときっと校則をよくするはず。」

坂元 啓太 氏 (Keita SAKAMOTO)

= 愛知県立稲沢東高等学校教諭

愛知県立稲沢東高等学校 行事企画部主任 国語科

大学卒業後、愛知県にて教諭の職を賜る。教員12年目、勤務校は現在の稲沢東高校で3校目となる。2022年1月より生徒会役員を中心としたルールメイキング活動に着手する。これまでにツーブロックの解禁や防寒具の規定の緩和、学校行事でのスマートフォン使用の解禁などを達成。生徒の「やってみたい」を応援することで生徒がより成長するとの実感から、生徒との対話や相互の納得を重視した生徒会活動の活性化を目指し活動している。

河田 佳美 氏 (Yoshimi KAWADA)

= 株式会社オカムラ 中部支社 マーケティング課 セールスプロモーションセンター Open Innovation Biotope “Cue” コミュニティマネージャー

音楽大学で声楽を学ぶ。大学卒業後、2011年、株式会社岡村製作所(現 株式会社オカムラ)に入社。東京にて販売パートナー向けのイベント企画・運営や教育、営業支援を経験し、2014年より名古屋に勤務。オカムラの共創空間・Open Innovation Biotope “Cue”の立ち上げから参画し、現在はCueで社内外をつなぐイベントの企画や運営、情報発信を担当。また地元・岐阜県岐阜市の取り組みから「探究学習」の存在を知り、興味を持つ。これまでに探究学習プロジェクトの社会人メンターや、数多くの学校訪問などに携わる。「誰かの想いや夢にそっと寄り添い、応援すること!」という想いをもち、日々さまざまな活動をしている。

【モデレーター(Moderator)】

小柳 真哉 氏 (Shinya KOYANAGI)

= 一般社団法人アスバシ 認定キャリア教育コーディネーター

新卒でOA機器販売の営業職に従事した後、2013年にNPO法人アスクネットに入社。学校と地域をつなぐ専門家「キャリア教育コーディネーター」として、愛知県内の小学校・中学校・高校・大学にて、環境学習講座、社会人講師講座、インターンシップ、PBLプログラム、探究学習等のコーディネートを行う。また生活困窮世帯の子ども達を対象とした学習支援活動にも携わり、行政・学校・地域・学生ボランティアを巻き込んだ場作りにも従事。2019年、内閣府地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」に選出され、フィンランドの教育制度とユースワークを視察。2022年より一般社団法人アスバシに入社し、主に高校生を対象にしたキャリア教育プログラムの運営を行う。

MORE SESSIONS
December 22, 2023