J-STARTUP HOUR 第153回 : 災害時にインパクトスタートアップが果たす役割とは

Hybrid session

April 18, 2024 | 18:00 - 19:00
Room: Niji *This is a hybrid session (In-person + Online)
ABOUT THE SESSION

本セッションは、ハイブリッドセッション(現地参加+オンライン視聴)です。参加ご希望の方は本ページ上部にある”事前登録“ボタンから参加方法の選択および事前登録をお願いします。

Please note this session is a hybrid session meaning you can participate either in person or online. If you’d like to participate, please click the “Pre-register” button at the top of this page to select your participation method and pre-register.

主催 | Organizer:経済産業省(METI)

現地会場 | VenueCIC Tokyo(東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15F)

概要 | Description

毎週木曜日に開催されている、J-Startup Hour。J-Startup企業を始めスタートアップに関連する官民様々なプレーヤーにご登壇いただいております。

今回は「災害時にインパクトスタートアップが果たす役割とは」と題したトークセッションを開催いたします。

今年1月に発生した能登半島地震では、地震発生直後から現在もなお、多くのインパクトスタートアップが被災地の支援に取り組んでいます。自然災害の多い日本において、インパクトスタートアップがその課題解決力やスピード感を活かして支援に取り組むことは、とても大きな意味を持つのではないでしょうか。

今回は、さまざまな形で災害時の支援に取り組むインパクトスタートアップ企業の担当者にご登壇いただき、その意義や課題についてお話を伺います。

登壇者 | Speakers:

◇WOTA株式会社 執行役員 兼 バイスプレジデント 越智 浩樹 氏

◇ 株式会社イノフィス 取締役 依田 大 氏

◇ 経済産業省 経済産業政策局 産業構造課 課長補佐 吉倉 宏明 氏

◇ (モデレーター)経済産業省 経済産業政策局 新規事業創造推進室 室長補佐 中込

登壇者プロフィール | Speaker Profiles:

◇ WOTA株式会社 執行役員 兼 バイスプレジデント 越智 浩樹 氏
広島県出身。慶應義塾大学経済学部卒。実家は外食業を経営。電通にて、メディアプランナーとして日本初のメディア企画を複数仕掛けた後、飲料ブランドのチーム統括を経験。その後、経営者と長期で伴走するモデルを構築、スタートアップ専門組織を立ち上げる。企業の成長ストーリーを構築するブランドチームリーダーとしてIPO支援や大企業とスタートアップの業務提携などを実行。WOTAでは営業・渉外・PRを統括。

◇ 株式会社イノフィス 取締役 依田 大 氏
株式会社リクルートにて、営業、代理店コンサルティング業務を担当後、英MBA取得。その後、株式会社アバージェンス、YCPグループにて、国内外の上場企業に対して戦略立案およびハンズオンでの実行支援業務に携わる。2018年より当社入社後、国内および海外事業の責任者として従事。海外事業においては、立上げから現在に至るまで、陣頭指揮をとり、ヨーロッパ、アジアを中心に、20の国と地域で事業を展開。

◇ 経済産業省 経済産業政策局 産業構造課 課長補佐 吉倉 宏明 氏
2018年、経済産業省に入省。これまで、電力のレジリエンス強化のため、災害時の電力会社の連携を規定した法改正や、カーボンニュートラル実現のためのカーボンプライシングやカーボンフットプリント等の制度設計に従事。直近では、新しい資本主義の下、社会課題解決を経済成長につなげるミッション志向の産業政策に取り組む。その一環として、レジリエンス分野のスタートアップ支援を行い、国内のレジリエンス市場の活性化と海外展開を目指す。

◇ (モデレーター)経済産業省 経済産業政策局 新規事業創造推進室 室長補佐 中込 まどか 氏
早稲田大学商学部卒。2014年よりREADYFOR株式会社に参画。入社後は一貫してクラウドファンディング事業を担当。プロダクト開発のディレクション、オペレーション設計・改善等に従事したのち、カスタマーサクセス部門の立ち上げ責任者として、小~中規模のプロジェクトに対するプランの設計・運用に取り組む。2023年10月より現職。新規事業創造推進室ではインパクトスタートアップ支援を担当。

■J-Startup及びJ-Startup Hourについて

日本のスタートアップに次の成長を。世界に次の革新を。

世界で戦い勝てる企業を作り、世界に新しい革新を。

J-Startupは選ばれた企業を官民で集中支援し、成功モデルを創出します。

「ブーム」から「カルチャー」へ。ここで生まれたヒーローがスタートアップの地位を高め、日本のベンチャーエコシステムをさらに強くします。

J-Startup Hourでは注目スタートアップ企業や支援者によるセッションを核に、官民のプレーヤーが集う機会を毎週提供し、イノベーション・コミュニティ形成を加速させます。

■オンライン参加方法 | How to join the session online

各セッション開始10分前になりますと、「PRE-REGISTER」のボタンが「JOIN ONLINE」に切り替わりますのでそちらをクリックしてください。

※セッション開始10分前より本ページにてオンライン参加していただけます(時間になっても参加可能にならない場合は、画面のリフレッシュをお願いします。)

10 minutes before the start of each session, the “PRE-REGISTER” button will change to “JOIN ONLINE”.

※You can join online from 10 minutes before the session starts (if you are not able to join at the time, please refresh your screen).

MORE SESSIONS
April 18, 2024