ABOUT THE SESSION

※本セッションは、現地参加のみの開催です。参加をご希望の方はこちら(Peatix)から事前登録とメンタリングの予約をお願いします。

※Please note this session is an IN-PERSON ONLY session. If you’d like to participate in person, please pre-register yourself here (Peatix) and book a mentoring appointment.

主催者 | Organizer:Venture Café Tokyo

現地会場 | Venue:CIC Tokyo内

概要 | Description:

Venture Café Tokyoは、世界最高水準のアントレプレナーシップ教育を誇るバブソン大学の革新的な起業家教育メソッドを取り入れた起業家教育プログラム『Community Campus Powered by Venture Café Tokyo』の一環として、メンタリングDayを開催いたします。

経験豊富なメンター3人が、1人30分枠でメンタリングの時間を設け、起業や新規プロジェクトに関する相談を受け付けます。

新しい挑戦に意欲的な方、成長志向のある方、ご自身のアイデアを次のステージに進めたい方は、Peatix申し込み完了後に表示されるURLより希望時間を選択ください。※お一人1枠限りでお願いします。

【こんな方におすすめ】

  • 起業に向け一歩を踏み出したい方
  • アイデアを事業化していきたい方
  • 企業内で新規事業に取り組んでいる方
  • 起業や新たなプロジェクトなど何かを仕掛けたい方
  • 学校以外のプロジェクトで成長したい学生
  • 学生および社会人でネットワークを増やしたい方
  • Rocket Pitchへの出場を目指す方など

【メンター】

①畑瀬研斗(株式会社MEMORY LAB 代表取締役CEO)

高校卒業後渡米。米国のニューヨーク州立大学オルバニー校にて脳神経科学と心理学専攻を終了。帰国後、理化学研究所客員研究員を経て、慶應義塾大学研究員を兼任。在学中、2021年にMEMORY LABを設立。知の結集である論文ビッグデータを活用し、これまで研究者しかアクセスができなかった論文情報を誰もが『簡単』『迅速』にアクセスできる世界を目指す。

②綿石早希(株式会社PFU / DEI推進リーダー)

「一人ひとりの可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」をライフミッションとし、インドの農村部で職を求める女性たちとともにアクティブウェアブランド「RANGORIE(ランゴリー)」を、株式会社リコーの社内起業プログラム「TRIBUS(トライバス)」を活用して2019年スタート。約4年の活動の後、ランゴリー事業を売却し、現在は株式会社PFUにてDEI推進(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン=多様性を尊重し、公正でインクルーシブな風土をつくる取り組み)を通じてミッションの実現に取り組んでいる。1985年生まれ、愛知県出身。

プライベートでは愛犬とキャンプを楽しんでいる。

③飯田 蔵土(EQIQ株式会社 シニアマネージャ)

HR Techベンチャーの国内事業責任者を勤めながら、スタートアップ・ベンチャーのアドバイザーや執筆、翻訳、デザイナーとしても活動。日本HPでSEとしてキャリアをスタートさせたのち、外資プロフェッショナルファームErnst&Young、アクセンチュア株式会社でそれぞれM&Aアドバイザー、戦略コンサル部門マネージャ、外資メーカーのデル・テクノロジーズ株式会社、レッドハット株式会社で事業部長、管理本部本部長などを経て現職。一般社団法人日本CHRO協会誌『内発的動機経営の現在』、月刊人事マネジメント『研修トレンド』連載中。Amazon金融部門ベストセラー『未来をつくるファイナンス』執筆。一橋大学大学院(MBA in Finance)修了。日本行動経済学会会員。電子マネーに関するBizモデル特許取得(HP社に権利譲渡済)。

【メンタリングDay概要】

  • 日時:2024年5月30日(木)17:00〜20:00
  • 催場所:CIC Tokyo 内
  • 参加費:無料
  • 参加方法:事前予約必須
    • 事前予約用URLは、Peatix登録後にご確認いただけます。
  • 定員数:メンター1人あたり4〜5名を予定、枠が埋まり次第終了

【Community Campusについて】

詳細は公式サイトをご参照ください。
https://venturecafetokyo.org/programs/community-campus/

MORE SESSIONS
May 30, 2024