ROCKET PITCH NIGHT AUTUMN 2021


2021年秋に、再びあのRocket Pitch Nightが帰ってくる!

過去3回(2019, 2020, 2021春)で総勢200組近くの起業家と1800人+のオーディエンスが参加したVenture Café Tokyoのシグネチャーイベント、Rocket Pitch Nightを今秋も開催します!
過去の参加者はピッチをきっかけに、起業、グローバルアクセラレーションプログラムへの採択、プロダクトの共同開発など様々な出会いとHAPPENに繋りました (*1)。
3分3スライドのこの機会。挑戦者をお待ちしています!

*1) 詳しくは、Make Things Happen BLOGよりご確認ください。

English below

 

■Rocket Pitch Nightについて

あなたがこれからまさにアントレプレナー(起業家、スタートアップ、企業内新規事業担当者、NPO etc…)としての旅路を始めようとしていようと、あるいはすでに走り始めていようと、その旅路をより良いものにするには、将来的な投資家、共同創業者、従業員など多くの人を巻き込んでいく必要があります(あるいは、それこそが起業活動の肝といってもいいのかもしれません)。

その点を踏まえ、Rocket Pitch Nightでは;

  • 登壇者に対しては3分 & 3スライドというピッチフォーマットをもとに、みなさんのビジネスアイデアを世に問い、周囲を巻き込む、あるいはシンプルに起業に向けた最初の一歩を踏み出す機会を提供します。
  • 当日は、経験豊富なコメンテーター陣やオーディエンスからのフィードバックコメントを得られる機会を用意します。皆さんの活動を後押しすること、間違いなしです!
  • また、同時に当日来場いただいたオーディエンスのみなさんには世の中を変えうる新たなアイデアや才能と出会う機会を提供します。

世界を変えるには一人では大変です。当日は世界を変える仲間を、ここVenture Café Tokyoで見つけましょう!

■Rocket Pitch事例

Rocket Pitchは起業家教育26年連続No. 1の評価を得るBabson Collegeのシグネチャーイベントとして行われており、毎年200組近い起業家及び起業家予備軍が参加しています。以下は、どのようなピッチが行われているかの参考事例です。

(参考)Rocket Pitch | Babson College

■イベント概要

  • 日時:2021年11月11日(木) 3:30 – 9:30 pm JST
  • 場所:ハイブリッド(CIC Tokyoでの現地開催 & オンライン開催を予定)
    ※感染症拡大の状況により、開催形態を変更する場合がございますので予めご了承ください。
  • イベントの詳細と参加申込:https://rocket-pitch-night-autumn-20211111.peatix.com/view

■登壇申し込み

  • 申込締切:2021年10月17日(日)11:59 pm JSTまで
  • 対象者:あらゆるカテゴリー、あらゆるフェーズの、何か新たな挑戦をしようとしている方(アイデア段階の学生や研究者、NPO、資金調達段階のスタートアップ、企業内起業家 など)
    ※応募多数の場合は、これまでのRocket Pitch登壇実績や応募内容のカテゴリーやフェーズを総合的に鑑みて、登壇者の方を選定させていただきます。
  • ピッチ・プライズ:オーディエンスによる投票が多かったチーム(複数)には賞品として日本最大級のイノベーションセンターCIC Tokyoのコーワーキングスペース利用割引権が贈呈されます。

■コメンテーター(50音順)


梅澤 高明氏(Takaaki Umezawa) CIC Japan 会長

東京大学法学部卒、MIT経営学修士。A.T.カーニーのコンサルタントとして、日米で20年以上にわたり、戦略・イノベーション・マーケティング・組織関連のテーマで企業を支援。日本代表、本社取締役、消費財・小売プラクティスのグローバルリーダーを歴任。現在は日本法人会長。CIC Japanの会長として、国内最大の都心型スタートアップ拠点“CIC Tokyo”の設立準備中。CIC (Cambridge Innovation Center)は米ケンブリッジ(マサチューセッツ州)に本社を持つ世界最大級のイノベーションキャンパス運営企業。インバウンド観光、クールジャパン、知財、デザイン、イノベーションなどのテーマで政府委員会の委員を務める。クールジャパン機構社外取締役。『NEXTOKYO Project』を主宰し、東京の将来ビジョン・特区構想を産業界・政府に提言し、都内の複数の再開発プロジェクトを支援。著書に『NEXTOKYO』(共著、日経BP社)、『最強のシナリオプランニング』(東洋経済新報社)など。
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーター。


小田 健博氏 (Takehiro Oda) フォースタートアップス株式会社 アクセラレーション本部 Public affairs戦略室
‍早稲田大学第二文学部卒業後、広告代理店などの営業として日本や上海で広告プロモーションやコンテンツ企画を担当。2016年crewwに参加後は、アクセラレータープログラムのディレクターとしてスタートアップと大手企業の新規事業創出に従事。またコワーキングスペースの事業責任者としてシード期を中心としたスタートアップのメンタリングなどスタートアップ支援を行う。自治体のインキュベーションやアクセラレータープログラムの企画運営も多数担当。愛知県や埼玉県、神戸市、関東経済産業局などと一緒に地元企業とスタートアップとのオープンイノベーションプログラムやインキュベーション施設の運営を担当。2021年4月よりフォースタートアップスにジョイン。本年度は浜松市のインキュベーション事業を担当。行政や自治体、事業会社とスタートアップ支援、起業支援、オープンイノベーション推進に取り組む。


小田嶋 Alex 太輔氏(Alex Odajima) EDGEof INNOVATION CEO
ビジネスインキュベーションの専門家として、数々のスタートアップ設立や、大企業の事業部立ち上げに携わる。現在は、EDGEof INNOVATIONの代表として、日本と海外のイノベーションエコシステムを繋ぐ様々な活動を展開。20ヶ国以上の大使館やスタートアップ支援機関と連携し、各国のイノベーション関連施策に関わりながら、カナダ、ドイツ、シンガポールなど、数多くのスタートアップ育成プログラムにメンターとして携わる。日本国内でも、企業とスタートアップのコラボレーション支援を行う他、J-StartupやJETRO、渋谷区役所などといった行政機関とも連携し、スタートアップ支援の環境構築に注力している。Shibuya Startup Supportグローバルアンバサダー、J-Startup推薦委員、French Tech Tokyo役員。


神谷 遼多氏(Ryota Kamiya) Incubate Fund Associate

2016年経済産業省入省。貿易管理政策業務等に従事。
2018年インキュベイトファンドに参画。アソシエイトとして投資先企業のバリューアップ業務等を担当。
北海道大学工学部、同大学工学院修了。


黒田 垂歩(Dr. Taruho Kuroda) LEO SCIENCE & TECH HUB Senior Director

2004年から10年間、アカデミアでライフサイエンスの研究に従事した後(ハーバード大学医学部での7年間を含む)、2014年に大手外資系製薬企業に転職し創薬におけるオープンイノベーションを推進。2019年に現職に移り、皮膚科疾患の革新的ソリューションの創出を目指す組織を始動させた。ライフサイエンス・エコシステムの構築のために多方面で活動中。


児玉 太郎氏(Taro Kodama) Anchorstar Inc. Founder & CEO
1999年11月よりヤフー株式会社でソーシャルメディア事業を担当したのち、2010年1月、Facebook Japan株式会社に日本で最初の社員として入社。カントリーグロースマネジャーとして、日本国内でのFacebook拡大に尽力した。2014年6月に独立起業し、2015年にはアンカースター株式会社を設立。現在は外資系企業の日本進出事業などを手がける。


鈴木 絵里子氏(Eriko Suzuki) MPower Partners Managing Director, Fresco Capital Venture Partner
環境関連、ヘルスケア・ウェルネス、未来の働き方・教育分野のテクノロジー企業にグローバルに投資。
これまで、グローバルVCファンドFresco CapitalのGeneral Partnerを務め、社会的インパクトベンチャー投資を行うミスルトウ株式会社の投資部ディレクターも務める。
北米や中東などの海外育ち、マギル大学を卒業。モルガン・スタンレーやUBS証券の投資銀行部門に勤務した後に米国のドローンベンチャーの日本法人立ち上げを行い、ベンチャー・キャピタリストに。VC活動に加えて、ウェルネス・ウェルビーイングを共創するコミュニティーMIKOホリスティック・ウェルネスを立ち上げ、運営。『これからは、生き方が働き方になっていく』なども出版(2018年4月、大和書房)。2児の母でもある。


鈴木 大祐氏(Daisuke Suzuki) ソニーグループ株式会社/ソニーベンチャーズ株式会社 シニア インベストメント ダイレクター
東京大学工学部機械工学科卒、東京大学大学院にて再生医療を専攻し修士号取得。ゴールドマン・サックス投資銀行部門に勤務の後、日本航空にて経営再建業務および再建後の新規事業創造等を担当。国内ファンドにて再生可能エネルギー等へのインフラ投資ファンドを運用。
2017年よりソニーのベンチャーキャピタリスト、2019年には新GP会社Innovation Growth Ventureを設立し取締役就任。2020年にはソニーの環境インパクトファンドを設立。ヘルステック、IIoT/SaaS、ドローン、不動産テック、環境インパクト創造企業等への投資を担当。


長谷川 純一氏(Junichi Hasegawa) Basis Technology Corp. VP Asia 
ベイシステクノロジー代表取締役。ニチメン (現双日)での新規事業開発を経て、Amazon、Oracle、Peoplesoftなど米国企業の日本法人設立や経営に従事。Amazon.co.jp初代社長。元日本オラクル執行役員。法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科客員教授。東京工業大学卒、MITスローンMBA。


水本 尚宏氏(Naohiro Mizumoto) 東大IPC パートナー
2017年より東大IPCに参加。IT・サービス系ベンチャーへの投資、起業支援プログラムのプログラムを管掌。大和SMBCキャピタル(現、大和企業投資)にてIT・医療などハイテク分野へのベンチャー投資を経験後、昭和シェル石油に転職。タスクフォースリーダーとして決済プロジェクト、新電力プロジェクト、店舗のデジタルトランスフォーメーションなど、新サービス企画から市場導入まで主導。2017年1月より東大IPCにて再度ベンチャー投資業務を担当しつつ、1stRoundを創設。その後、AOIファンドを立ち上げた。京都大学院修了(技術経営学)、弁理士試験最終合格(2004年)

皆川 朋子氏(Tomoko Minagawa) グローバル・ブレイン株式会社 Investment Group / Director
IBM・IBMコンサルティングにて、CRMおよび戦略立案・営業改革等のプロジェクトや、EA(役員補佐)として事業戦略に従事。MBA留学中に欧州各国のスタートアップ調査などのプロジェクトに参画。帰国後は、新規事業・海外進出に特化した独立系戦略コンサルティング会社にて執行役員として欧州・北米・アジア地域における多数のグローバル案件をリードする。人工知能ベンチャーSENSY株式会社にて、ビジネス側の最高執行役員・取締役として事業開発統括に従事。2019年より独立系VCグローバル・ブレインに参画、複数のスタートアップ企業への支援・投資実行を行う。投資領域として、Fintech、Insurtech、SmartCityなどDeeptech領域、および女性のヘルスケアを支援するFemtech領域に注力。
東京大学工学系研究科応用化学修士、英Cambridge大学経営学修士(MBA)


[ENGLISH]

 

Rocket Pitch Night is back in this AUTUMN!

Rocket Pitch Night, Venture Café Tokyo’s signature event, will be held again this year, with a total of nearly 200 entrepreneurs and 1,800+ audience members attending the past three events (2019, 2020 and 2021 Spring)! Participants took advantage of the pitch, leading to various encounters and HAPPENs such as starting their own companies, getting accepted into global acceleration programs, co-developing products, etc (*1). The Rocket Pitch Night is back on November 11th 2021 with an opportunity of 3 minutes & 3 slides! We are waiting for many challengers (*2)!

*1) For details, please check Make Things Happen BLOG.
*2) Details of the application are at the bottom of this page.

■About Rocket Pitch Night

Whether you are about to start your journey as an entrepreneur (entrepreneur/intrapreneur, NPO etc.) or if you are already on your journey, getting involved many people such as investors, co-founders and employees is pretty important and makes your journey better (Or maybe that might be the heart of entrepreneurship).

With that in mind, With that in mind, at the Rocket Pitch Night;

・For the pitcher, we will offer opportunities to ask your business ideas based on the pitch format of 3 minutes & 3 slides, get involved supporters, or simply take the first step towards starting a business and your new journey.
・We will provide an opportunity to receive feedback and comments from experienced commentators and audiences. There is no doubt that this opportunity supports your activities.
・At the same time, the audiences who came on the day also have an opportunity to meet new ideas and talents that can change the world.

It is hard to change the world only by yourself. Find your mates who can change the world together at Venture Café Tokyo!

■ Examples of Rocket Pitch

Rocket Pitch is a signature event of Babson College, which has been ranked No. 1 in entrepreneurship education for 27 consecutive years, with nearly 200 entrepreneurs and pre-entrepreneurs participating each year. The following are reference examples of what kind of pitchs are being performed.

Gravyty
JumpSmart
PICCPerfect

(Reference) Rocket Pitch | Babson College

■ Event info

  • Date: Thursday, 11th November, 2021 3:30 – 9:30 pm JST
  • Venue: Hybrid (Onsite at CIC Tokyo & Online)
    ※Please note that the style of the event may be changed due to the situation of COVID-19.
  • More info and registration for the event: https://rocket-pitch-night-autumn-20211111.peatix.com/view

■ Application for pitching at the Rocket Pitch Night AUTUMN 2021

  • Application deadline: Sunday, October 17th, 2021, 11:59 pm JST
  • Target applicants: Anyone in any category, at any stage of their career, who is looking to take on a new challenge (e.g. students and researchers in the idea stage, NPOs, startups in the fundraising stage, etc.)
    ※If there are too many applications, we will select speakers based on their past performance at Rocket Pitch and the category and phase of their application.
  • Pitch Prize: The team(s) with the most votes from the audience will receive a prize of discount ticket to use the co-working space at CIC Tokyo, one of Japan’s largest innovation centers.

  • ■サポーター(50音順)