Cluster Program

Cluster Programとは、”Connecting innovators to make things happen”を体現し、世の中に確かな変化なムーブメントを起こすため、定期的に特定の領域の最前線を走るイノベーターをお呼びし、未来に向けた議論を深めるプログラムです。もちろんどなたでも参加可能です!

 

Food

SDGs(持続可能な開発目標)やIoTの進化に伴い、特に欧米では食×テクノロジーの国際カンファレンスが2015年以降多く開催されています。日本においても、Smart Kitchen Summitをはじめとして、徐々に「食と(の)未来」に対する意識の高まりが見られます。Future Food Campはそのような社会の変化を踏まえつつ、1〜2ヶ月を目安に定期的に食に関わるセッションを行うことで食の現状課題と未来の可能性についてコミュニティとして理解を深め、アクションに繋げていくイニシアティブです。

View

Urban Development

2014年6月の「虎ノ門ヒルズ」誕生を起爆剤に、虎ノ門エリアは都市再生に向けて大きく動き出しました。まさに今、グローバルプレイヤーが住み、働き、集う国際新都心グローバルビジネスセンターを目指し、都市開発が進行中です。また、東京全体でも都市開発が各地で進行中です。「CREATE! THE INNOVATORS’ HABITAT」では、新たなビジネスやイノベーションを次々と生み出す街にするためには、どのようなことが必要か、1〜2ヶ月を目安に定期的にイノベーションを起こす街に関わるセッションを行うことで現状課題と未来の可能性について理解を深め、実現に繋げていくコミュニティを目指します。

View

Life Science

科学は社会の発展の礎です。日本の基礎研究力は世界的にも高いものがありながら、研究者のキャリアパスの在り方や大学発イノベーションを産業化する方法論の欠如など、持続可能な形で研究をし、その成果を社会実装する体制が整っているわけではありません。

海外では研究機関や大企業に加えてスタートアップや地方自治体からなるエコシステムを形成することで持続可能な科学の発展に成功しているボストンのような地域も存在しています。

少子高齢化という大きな課題に世界のどの社会よりも早く直面する日本においては科学の活用が欠かせません。また、ヘルスケア分野におけるデジタル技術との融合は大きなチャンスでもあり、世界からの日本に対する期待も高いものがあります。

そこで、EMERGENCEでは、おおよそ2ヶ月に一度、キーイノベーターをお呼びしたライフサイエンスをテーマとしたセッション実施を通じて議論を深めることで、日本全体の活性化に向けたムーブメントとコミュニティ創出を狙いとします。

View
 

SPORTS

スポーツは、人、組織、およびエンティティを結び付ける上で大きな力があるユニークなプラットフォームです。 同時に、参加者の間で健全な競争心を促進します。 東京(および日本)は成長のハブであり、国内でいくつかの主要なイベントが開催され、さまざまなアスリートが海外でノイズを生み出していますが、未だに未開拓の可能性があります。 「アクティベート」の目的は、セッションやワークショップを通じて、志を同じくする個人やこれらの機会をつかむことに関心のある個人を集めることです。

View