ROCKET PITCH NIGHT

※登壇申し込み詳細は本ページ下部にあります

■Rocket Pitch Nightについて

あなたがこれからまさにアントレプレナー(起業家・企業内新規事業担当者・NPO etc)としての旅路を始めようとしていようと、あるいはすでに走り始めていようと、その旅路をより良いものにするには、将来的な投資家、共同創業者、従業員など多くの人を巻き込んでいく必要があります。(あるいは、それこそが起業活動の肝といってもいいのかもしれません。)

その点を踏まえ、2019年9月5日に行われるRocket Pitch Nightでは;

  • 登壇者に対しては3分 & 3スライドというピッチ・フォーマットをもとにみなさんのビジネスアイデアを世に問い、周囲を巻き込む、あるいはシンプルに起業に向けた最初の一歩を踏み出す機会を提供します。
  • 当日は、経験豊富なジャッジ陣やオーディエンスからのフィードバック・コメントを得られる機会を用意します。皆さんの活動を後押しすること、間違いなしです。
  • また、同時に当日来場いただいたオーディエンのみなさんには世の中を変えうる新たなアイデアや才能と出会う機会を提供します。

世界を変えるには一人では大変です。2019年9月5日は世界を変える仲間をここ(Venture Café Tokyo)で見つけましょう。

■Rocket Pitch事例

Rocket Pitchは起業家教育25年連続No. 1の評価を得るBabson Collegeのシグネチャーイベントとして行われており、毎年200組近い起業家及び起業家予備軍が参加しています。以下はどのようなピッチが行われているかの参考事例です。

(参考)Rocket Pitch | Babson College

■イベント概要

  • 日時:2019年9月5日(木) 16:00 – 21:00
  • 場所:虎ノ門ヒルズ2階
  • 当日の進行:

    16:00 Opening
    16:30 – 18:30 Rocket Pitches (3min) × 16組
    18:30 – 19:00 Flash Talk for Entrepreneurs
    19:00 – 21:00 Rocket Pitches (3min) × 16組
    *ピッチ後には経験豊富なジャッジ/ オーディエンスからフィードバック・コメントが得られます

■ジャッジ(50音順)


鎌田 富久(Dr Tomy Kamada) TomyK代表 & 株式会社ACCESS共同創業者。
東京大学大学院 理学系研究科情報科学 博士課程修了。理学博士。
東京大学在学中の1984年にソフトウェアのベンチャー企業ACCESS社を荒川 亨氏とともに設立。組み込み向けTCP/IP通信ソフトや、世界初の携帯電話向けウェブブラウザなどを開発。携帯電話向けのコンパクトなHTML仕様「Compact HTML」をW3C(World Wide Web Consortium)に提案するなど、モバイルインターネットの技術革新を牽引した。2001年に東証マザーズに上場し、グローバルに事業を展開。2011年に退任。その後、スタートアップを支援するTomyKを設立し、ロボットベンチャーSCHAFT(米Googleが買収)の起業を支援するなど、ロボット、AI、IoT、人間拡張、宇宙、ゲノム、医療などのテクノロジー・スタートアップを多数立ち上げ中。著書「テクノロジー・スタートアップが未来を創る-テック起業家をめざせ」(東京大学出版会)にて、起業マインドを説く。


神谷 遼多 IncubateFund Associate
2016年経済産業省入省。貿易管理政策業務等に従事。
2018年インキュベイトファンドに参画。アソシエイトとして投資先企業のバリューアップ業務等を担当。
北海道大学工学部、同大学工学院修了。


新村 和大 一般社団法人スタートアップ・リーダシップ・プログラム・ジャパン 代表理事/ 一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員/ 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員
京都大学経済学部経営学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科 修了(MBA)
ボストン発の起業家育成プログラムStartup Leadership Programの日本代表を務める。これまでに様々な業界のベンチャー企業で経営に参画。(オンライン英会話、Adtech、Edtech、ネットマーケティング等)。2013年、株式会社Socketの最高財務責任者に就任。2015年9月にM&Aにより同社をKDDIグループのSyn.ホールディングスに統合。
2014年には文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトチームに参加し、海外に留学する学生向けの研修プログラムの設計を担当した。創業期ベンチャーでの経営戦略の策定、事業モデルの構築、財務関連業務を強みとする。個人投資家としてベンチャー投資も行う。


眞鍋 亮子 Endeavor Japan Managing Director

米系戦略コンサルティングファーム勤務後、米系製薬・医療機器会社の経営企画部に勤務、全社営業・マーケティング改革等のプロジェクトを行う。その後、スタートアップで一部門の立ち上げを行う。その後PwC PRTM(現PwC Strategy&)に入社、コンサルティング・マーケティングに従事した後、2017年5月より世界最大級の起業家支援ネットワークでもある国際的NPO Endeavor Japanに参画。コーネル大学工学部、農学・生命科学部卒業


宮武 徹郎 株式会社DGインキュベーション インベストメント・マネージャー
バブソン大学卒。在学中はボストンセルティックスのスカウトやリム・カウフマングループでのマーケティング、ビーノスでのデータ分析などのインターンを経験。2014年に株式会社DGインキュベーションに入社し、主にHands-On業務とインキュベーションを担当、Chartbeatなどの国外投資先サービスのローカリゼーションやカスタマーサクセスに従事。またOpen Network Labにおけるシードアクセラレータープログラムの運営やメンターも行っている。

More to come!

■協賛パートナー

■サポーター(50音順)