blog

アマゾンがピルパックとリングを買収

Photo Cred: Minh Uong/The New York Timesミン・ウォング/ニューヨークタイムズ

by in M&A
September 12, 2018 0 comments

ボストンのスタートアップ企業のいくつかが、今月、注目を集めるような投資を得ることになった。オンライン薬局のピルパック(PillPack)がアマゾンによって買収された。アマゾンがホールフーズマーケット(WholeFoods)を買収して様々な市場の支配を続けるなか、処方箋医薬品業界(米国で5600億ドル[約62兆円]規模)に関与するのは時間の問題だった。アマゾンは当初、各州で薬局のライセンスを確保するのに苦労していたが、同スタートアップは既に全米50州すべてに薬を出荷する許可を得ているため、アマゾンがピルパックを買収したことでその障害を乗り越えたことになる。

アマゾンは最近、スマートドアベルやセキュリティカメラを製造するスタートアップ企業のリング(Ring)も買収した。明らかにホームセキュリティ市場は賑わっている。シンプリセーフ(SimpliSafe)はボストンに拠点を構える家庭用セキュリティのスタートアップであるが、同社株式の過半数をプライベートエクイティ会社のヘルマン・アンド・フリードマン(Hellman&Friedman)に売却した。シンプリセーフのチャド・ローランズCEOは、「家庭用セキュリティは変革の時期を迎えている。市場は成長しているにもかかわらず、現在のところ住宅のわずか20%しか防護されていない」と説明している。

このことは一つの疑問を投げかけている。つまり、シンプリセーフのような高い可能性を持つ企業は、革新的なスタートアップを買収し続けているアマゾンのような巨人と、どうすれば競合できるのだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *